×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

フォークリフトの構造ってどんな風になっているの?/2010年05月28日更新
─────────


フォークリフトの構造ってどんな風になっているの?



─────────
「フォークリフトですか?あれは自動車と同じですよ。簡単です」と言う方がたまにいます。 これは少し言い過ぎのような気もしますが、果たして本当なのでしょうか。 フォークリフトには、カウンタータイプとリーチタイプの2種類がありますが、それぞれの構造はどんなものなのでしょう。 まず、カウンタータイプのフォークリフトは座席、アクセル、ブレーキ、ハンドル、クラッチペダルなど、言われてみれば確かに自動車と全く同じ位置にあり、構造も似ているといえますね。 しかし、リーチタイプのフォークリフトとなると話は少し違ってきます。 リーチタイプのものは普通の自動車とまるっきり反対でペダルを踏むことによってブレーキが解放され、逆に足を外すと制動がかかるのです。 しかも、多くのリーチタイプのものは後輪左側のタイヤ一輪だけで駆動、方向転換を実行しており、これによって90度の方向転換が可能なんです。 そういえば、誰かが「遊園地にある子供自動車と似ているな」などと言っていたのを思い出しましたが、確かに相似している点がありますね。 また、他にフォークリフトと自動車で異なる点として挙げられるのは、荷揚げに用いるフォークリフトという長い2本のツメとそのリフト装置がある点です。 そのために自動車と比較すると倒れやすいという短所も持っているわけですね。 また、後輪で方向転換を行うために、右折や左折の際に後部を大きく外側に振るといった点も自動車とは異なるところといえますね。 ─────────
新垣結衣似の恋人求む!!
ヤフーBBネット開設開始
(急)任意整理を検討中です
イーモバイル携帯インターネットするなら!
東京キャバ仕事募集
─────────

─────────
(C)フォークリフトの構造ってどんな風になっているの? ●━━━━